top of page
_DSC6440.JPG

お知らせ

News and Announcements

お寺の掲示板(令和4年9月)

草加光明寺の掲示板に毎月掲出している言葉をご紹介いたします。 取り上げる言葉とその解説は、『お寺の掲示板』(江田智昭著・新潮社)等を参考にさせていただいております。




「他人と過去は変えられないが 自分と未来は変えられる」 カナダの精神科医、エリック・バーンの言葉です。


『お寺の掲示板』にて、お坊さんであり、お坊さんの傾聴ボランティアチームを組織した経験がある江田さんは、「実際に人々の悩みを聞いてみると他人と過去の悩みに集中する」と書いています。

「自分ではコントロールできないこの二つの問題に多くの人々は引きずられ、疲弊している」ということ。頭では分かってはいても、なんとも悩み深いものです。


そこで江田さんは『中部経典』を大きく引用し、仏教の智慧をシンプルな言葉で伝えてくれます。お釈迦様の説かれた言葉とともに、掲示板の言葉の意味合いを味わってまいりましょう。


自分ではコントロールできない「他人」や「過去」の問題をとりあえず脇に置いて、いま、ここ、自分の問題に集中することを、未来をよりよいものにする一つの方法といえるでしょう。

『お寺の掲示板』P41より


過去を振り返るな、未来を追い求めるな。
過去となったものはすでに捨て去られたもの、一方、未来にあるものはいまだ到達しないもの。
そこで、いまあるものをそれぞれについて観察し、
左右されず、動揺せずに、それを認知して、増大させよ。
今日の義務をこそ熱心にせよ。明日の死を知り得る人はないのだから。
(中村元監修『原始仏典<第7巻>中部経典4』、春秋社)

『お寺の掲示板』P41より

Comments


bottom of page