_DSC6440.JPG

お知らせ

News and Announcements

お寺の掲示板(令和4年8月)

草加光明寺の掲示板に毎月掲出している言葉をご紹介いたします。 取り上げる言葉とその解説は、『お寺の掲示板』(江田智昭著・新潮社)等を参考にさせていただいております。


「大丈夫だよ 生きていけるよ」 心の奥があたたかくなるこの言葉は、旧品川宿のとある真宗寺院のお寺の掲示板に長く掲げられています。ご住職によると、他の言葉に掛けかえると、ご門徒さんから「戻してくれ」と言われてしまい、十年以上掛けかえられずにいる、ということ。 『お寺の掲示板』にて江田さんは、駅のホームで「人身事故」という表示を目にした経験から、自ら命を絶たれる方への思いを向けていきます。

「大丈夫だよ 生きていけるよ」 どんなに嫌なことがあっても、常にこの言葉が心の中にしっかりあれば、こうした命が失われることを防げるのではないでしょうか。

『お寺の掲示板』P27より

そして江田さんは「人は皆、多くの不安を抱えながら生きていて、安心を求める」とし、 仏教では「安心」を「あんじん」と読むこと、「あんしん」と「あんじん」の違いを考察します。

宗派により「あんじん」の意味内容が異なる(主に禅宗系では修行により得られる安定した心の境地、浄土教系では阿弥陀仏の救いを疑わず、浄土への往生を求めること)ものの、それはどちらも永続的に心に影響を与えるものであるそうです。江田さんは私達が求めても長くは続かない「あんしん」よりも仏教的な「あんじん」を求める生き方をすすめています。


そのように考えていきますと、「大丈夫だよ 生きていけるよ」という一言は 阿弥陀さまから私達に向けられている言葉のように響いてまいります。