_DSC6440.JPG

お知らせ

News and Announcements

お寺の掲示板(令和4年7月)

草加光明寺の掲示板に毎月掲出している言葉をご紹介いたします。 取り上げる言葉とその解説は、『お寺の掲示板』(江田智昭著・新潮社)等を参考にさせていただいております。

「やられてもやり返さない 仏教だ」 インパクト抜群のこの一言は、ドラマ『半澤直樹』の「やられたらやり返す、倍返しだ!」という台詞が元になっています。 『お寺の掲示板 諸法無我』にて江田さんは「倍返し」が達成されれば、一時的な快感を得ることができるとしつつ、やられた相手の「怨み」について『法句経』を引用して考察します。


他人を苦しめることによって自分の快楽を求める人は、怨みの絆にまつわられて、怨みから免れることができない。(『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村元訳、岩波文庫)

『お寺の掲示板 諸法無我』P15より やられた相手が遺恨を持つことにより結ばれる「怨みの絆」は、大きな悲劇を引き起こすことにもつながります。江田さんは第一次世界大戦終了後のパリ講和会議をきっかけに広がった怨みの連鎖が後年のヒトラーの台頭や第二次大戦を招いたのではないか、という視点から「倍返し」よりも「やられてもやり返さない」という仏教の基本的なスタンスを説いています。


最後にもう一つ、先ほどの言葉と対になる形で江田さんが紹介した『法句経』の言葉を引用します。今こそしっかり心に留めて日々の生活を送ることができればと思います。


怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。(同前)

『お寺の掲示板 諸法無我』P16より