top of page
_DSC6440.JPG

お知らせ

News and Announcements

定例法話会報告(令和5年2月)

二月十八日(土)、草加光明寺で新年法話会が行われました。暖かい冬の日、多くの皆様のおまいりをいただきました。

新型コロナウィルスの感染対策を行い、本堂で皆様と正信偈のお勤めを行います。 坊守が紹介する今月の仏教讃歌は「しんじんのうた(正信偈)」。正信偈の内容をより分かりやすくお伝えするために戦後すぐに作られた仏教讃歌です。格調高い歌詞と曲調を拝聴しました。

ご法話は、埼玉県東松山市 西照寺 網代豊和師。

コロナ禍にご自分の周りに起きたことを端緒に、縁により人間の生き方が変わることを示していきます。

iPhoneを発明するなど、ビジネスに成功したスティーブ・ジョブズの言葉を引きながら、老・病・死を避けられず、それでも欲望を離れることができない私たちの姿に迫っていきます。


網代先生は私たちが生きている限り逃れられない「悪」について詳細に説明し、悪から逃れられない私たちだからこそ阿弥陀様がいてくださることを、ときに理知的に、ときに感情豊かにお話し下さいました。

今回は二十二名の方におまいりいただきました。心より感謝申し上げます。

コメント


bottom of page